自分が齢を重ね死に近づいたときに、思い出を話すのなら何を話すのだろう。

 

お年寄りと話していると、好んで繰り返す話があることに気が付きます。

おそらく、本人が若々しく輝いていた過去、自慢したい、誇りに思っている事柄。

何度も繰り返したため一字一句内容は変わらないのだけれど、今初めて話したかの様に新鮮に語りだすのです。

周りで聞いている人たちの合いの手も一緒。

話していると気持ちもよくなり、乗っているのだというのも感じられます。

 

話す内容はポジティブなこととは限りません。

不幸な話、悪口雑言もまた、本人が訴えたい、話したい内容なのです。

 

聞いている方としては、やはりつらい時もあります。

そうはなりたくないと思うものです。

しかし、感情のコントロールが出来なくなった時、私の口からはどんな話が飛び出すのだろう。

理性では止められない、及ばない世界なのです。

今、嫌なことを我慢して言わないようにしても、心の奥底では澱のように溜まっているのでしょう。

爆発するときを待っているだけなのかもと思います。

広告を非表示にする