12月

忙しい日々が続きました。

さすがに12月という感じです。

 

不確かな未来が怖くて、不満だらけのはずの現状を変えることが出来ません。

多くの人はそうなのだろうと思います。

現状維持の行きつく先は、何も維持できていないまま下がっていく未来なのです。

下りのエスカレーターを、私は必死に上がっていこうとしています。

少し疲れて休もうとすれば、結局スタート地点に下がって行ってしまうのです。

 

現状維持するにも、足を動かし続けなければいけないのです。

違う場所に行きたければ今よりもスピードを上げなければなりません。

焦って足を踏み外すこともあるのでしょう。

 

あきらめても、あきらめなくてもいい。

くさらずに次の一歩を踏み出すのです。

広告を非表示にする